成年後見

認知症などで判断能力が低下すると、ご自分の財産について適切に管理することが難しくなります。そのため、預貯金の管理契約の締結遺産分割協議などができない、悪徳商法の被害に遭うなどといった問題が生じます。

そのような場面で、司法書士は法律の専門家としてご本人を保護・支援します。また当事務所ではご本人を支えるご家族のご負担を軽減することも大切だと考えております。女性司法書士に相談したいというご希望をお持ちの方、どうぞお電話ください。


具体的には、こんなことをします。
ご本人・ご家族に代わり成年後見人・保佐人・補助人などの選任申立書類を作成します。
適切な後見人候補者がいらっしゃらないときなどは、家庭裁判所の審判を受け後見人・保佐人・補助人となって財産管理をおこないます。
後見制度全般についてご相談に応じます。