不動産登記
土地や建物について権利関係が変わったときは、登記によって権利関係を明らかにします。
司法書士は不動産の登記に関する相談を受けたり当事者に代わって登記を申請したりしま す。

司法書士は登記をする仕事だから、「登記をすることが決まっていない時点で相談するの は迷惑がられるのでは」と心配なさる方が多いのですが、不動産の権利関係がよくわからな いときはご遠慮なく専門家のアドバイスをお求めください。

たとえば、遺言生前贈与をお考えのとき、相続後の手続が進まないとき、離婚に伴う不動産の処理について疑問があるときなど、登記するかどうかが決まっていなくても、不動産 に関するお悩みがある方は当事務所にご相談ください。

また、当事務所は税理士その他の士業者との連携にも力を入れております。司法書士の業 務範囲を超えるご相談に対しては他の士業者を紹介することもできますので、「誰に相談すればよいかわからない」といったときも当事務所までお問い合わせください。

(司法書士は弁護士ではないので遺産分割協議に介入して協議をまとめたり離婚の話し合いの代理人をしたりするなどの業務はしてはならないことになっております。不動産に関するあらゆる業務ができるわけではありませんのでご了承ください。)

このような手順で業務をおこないます
① 予約 電話・Fax・お問い合わせフォームでご予約ください。
面談日時の打ち合わせと、お持ちいただきたい資料のご案内をします。
② 初回相談 登記申請の手順・費用および報酬・手続きにかかる日数などについてご説明します。
③ 正式なご依頼 説明に納得いただけましたら正式にご依頼ください。その場で依頼するかどうかをお決めになる必要はありません。無料でお見積りを作成しますのでご検討ください。
④ 申請準備 必要書類の収集・書類への署名押印など、各種手続にご協力ください。
⑤ 費用の前払 登録免許税(登記所に納める手数料)など実費を事前にお支払いただく場合がございます。
⑥ 登記申請 当事務所で行います。依頼者様に登記所に行っていただく必要はありません。
⑦ 登記完了 書類の授受・報酬や費用の清算をいたします。

※登記をご依頼いただいた場合は相談料は登記の報酬に含まれ、別途いただきません。
登記のご依頼に至らず、相談のみで終了した場合は、相談料として1時間5250円(税込 )を頂戴します。